塗装・防水

リフォームのきっかけ

  • 雨漏りがどうしても止まらず困っているので、解決策を提示して欲しい
  • 外部足場を掛けるせっかくの機会に合わせ塗装の塗替えをお願いしたい

リフォーム前の状態

 鉄筋コンクリート打ち放し仕上げの三階建ての住宅です。新築後30年余りが経過しますが、雨漏りが一向に止まらず、ずっと悩まされてきました。

原因は経年による屋根の防水層の劣化と判明。足場が必要なら一緒の機会が良いと塗替えもすることになりました。

経年による屋根の防水層の劣化

工事の流れ

 この住宅の屋根の形状は鉄筋コンクリート造や鉄骨造の建物によくある陸屋根と呼ばれるものです。屋根全体が凹凸のない平面となっています。

今回の工事では、劣化した古い防水シートを全部撤去し、新しいシートを貼り替えることになりました。

劣化した古い防水シートを全部撤去

コンクリート表面のカットされた目地に詰められている材料を取り除くと、水が浮き出してきます。コンクリート内部に雨水が侵入している証拠です。

時間をおいて内部の水分を蒸発させ、表面が充分乾いたら下地を調整して新しいシートを貼り付けます。

。コンクリート内部に雨水が侵入

屋根の中央に強化ガラス製のトップライトがあります。この明り取りのアルミ枠と立ち上がり部分も雨漏りの原因箇所の一つとなっていました。

枠回りはコーキングの打ち替え、立ち上がり部分は入念に防水処理をします。最後に仕上げの塗膜を塗って完了です。

強化ガラス製のトップライト

防水工事が完了しましたので、次は塗装の塗替え工事です。足場を掛けて養生ネットを張り巡らした後、建物全体の隅々まで高圧洗浄します。

写真は外壁用の塗料が鉄製の手すりに付着しないよう、養生用ビニールシートを掛けて目張りをしています。

養生用ビニールシートを掛けて目張り

塗料の色や表面の仕上げ方法は、事前に施主様ご夫妻に数種類のサンプルを提出し、充分に時間を掛けて決めていただきました。

表面の仕上げは玉吹き仕上げを選択されました。エアガンを使って壁面に塗料を吹き付け下地の模様を作ります。

エアガンを使って下地の模様を作ります。

今回の塗装工事に際して、施主様のご要望はコンクリート打ち放し表面の風合いを出来ればそのまま残して欲しいとのことでした。

施主様のご要望を反映すると塗装方法はクリアー塗装となります。ただコンクリート表面の風化が進んでいます。

コンクリート打ち放し表面の風合い

建物の築年数や壁面の状態を考慮に入れ、壁面の防水対策を兼ねた塗料による着色をお薦めしたところ、施主様の了解を得ることができました。

工事が終了してお引渡しを迎えた時、『アドバイス通りにしておいて本当に良かった』と施主様のご感想です。

壁面の防水対策を兼ねた塗料
リフォームデータ
工事期間
30日
費 用
290万円(税込、外部足場、防水、塗装、コーキング充填など関連工事をすべて含みます)

塗装・防水のリフォーム項目に戻る≫